ブロードデザイン

採用情報

製品

LTC-C30 LTCゼネレーター

小型LTCゼネレータ―です。
単独またはHD-SDIのTCセパレーターとして使用できます。

希望小売価格:190,000円(税抜)

・HD-SDI信号のエンベデットタイムコードをLTC出力。
・内部クロックにより、自走可能。
・ジャムシンク機能搭載。
・本体電源(DC入力)、スクリューコネクターで抜け止め防止

在庫限りで受注生産となります。
詳細はこちら

高品質で正確なLTCを出力します。

LTC-C30はHD-SDI信号に重畳されているエンベデッドタイムコードをLTCとして出力する装置です。
前面にタイムコードを表示。HD-SDIに重畳されているタイムコードが欠落した場合には自動で補正(ジャムシンク)します。
HD-SDIにタイムコードが重畳されてない場合やHD-SDIが入力できない場合は内部クロックにより自走可能です。
自走時には、スタートタイムコードの指定(XX時00分00秒00F)とDROP/Non DORPの指定ができます。
電源コネクタ(+12V)にはスクリュータイプを採用しプラグ抜けを防止します。
バッテリーマウントやラックマウント金具(別売り)を用意していますのでさまざまなフィールドでお使いいただく事が可能です。

 

LTC-C30正面写真LTC-C30上面図面

特 徴

・LTC出力は2出力可能。
・自走時、DROP/Non DORPの指定可能。
・スタートタイムコードを設定可能(XX時00分00秒00F)※1
・入力タイムコードが途切れた場合(ジャムシンク)は、自動で補正し出力可能。※2
・入力タイムコード自動補正(ジャムシンク)機能はON/OFF可能。
・内部クロックの校正は、電源投入時またはリスタート時にHD-SDI入力のタイムコードで自動校正。
・HD-SDI映像フォーマットは1080i/59.94に対応(オプションで1080i/50、1080PsF/23.98に対応)

・オプションでSDI出力映像にタイムコード表示。表示位置は上/下が選択可能

※1:設定は「時」のみ。分、秒、フレームは00分00秒00Fとなります。
※2:入力タイムコードが3秒以上途切れた場合、入力情報を保持・継続して自走に切り替わります。
自走に切り替わると入力タイムコードが正規に復帰しても自走を続けます。

使用例:標準でご使用した場合

LTC使用例①LTC使用例②

使用例:オプションのLTC-01を実装した場合

LTC使用例③

LTCとTIS

[LTC-C30]
入力信号 HD-SDI IN SMPTE292M準拠 0.8Vp-p/75Ω BNC 1系統
出力信号
SDI OUT
SMPTE292M準拠 0.8Vp-p±10%/75Ω BNC 1系統
LTC OUT 1,2 XLR3ピンオスコネクタ 2.0Vp-p 600Ω平衡 各1系統
映像フォーマット 1080i/59.94 ※オプションで1080i/50 1080PsF/23.98
外形寸法 130(W)×35(H)×138(D) (突起物含まず)
質量 550g
動作温度 0~40℃
動作湿度 20~80%RH(ただし結露なき事)
電源 DC+9V~+18V 1系統
消費電力 MAX0.43A (5.17VA)
映像遅延 約10ns
[付属AC電源アダプター]
電源入力 AC100~240V 47/63Hz 0.31A
電源出力 DC +12V/1.5A
消費電力 MAX 1.5A(18VA)
動作温度 0~40℃
動作湿度 20~80%RH(ただし結露なき事)

映像フォーマット追加及びTC表示オプション LTC-01

・映像フォーマット追加
 1080i/50、1080PsF/23.98に対応
・タイムコードをスーパー表示
 HD出力映像にタイムコード表示
 表示位置は上/下が選択可能
 ※本体前面のディップスイッチで選択

バッテリーマウント BM-C30

駆動目安時間:IDX社製E-7S使用時、約10時間使用可
希望小売価格:35,000円(税抜)

ラックマウントキット RM-C02

1Uで3台収納可能
希望小売価格:15,000円(税抜)

ラックマウントキット用ブランクパネル RM-C03

Compactシリーズ専用
希望小売価格:5,800円(税抜)