ブロードデザイン

採用情報

製品

PR-30 パーシャルリトリーブソフト(パーシャル君)

MXFファイルから必要な部分を切り出し、同時に複数の新たなMXF ファイルとして切り出すことが出来ます。

希望小売価格:450,000円(税抜)

切り出す位置(IN点/OUT点)は、民放連技術規準T031-2015 に準拠した
番組交換メタデータから取得でき、IN点/OUT点を設定する手間が省けます。

※株式会社テレビ東京様との共同開発品

切り出す素材のIN/OUT点の設定作業軽減

「民放連技術規準T031-2015 」に準拠した番組交換メタデータを読み込むことで、各ブロック情報のIN/OUT点がリスト表示します。 INとOUT説明 切出しブロック

切り出しは、前後余長(糊代)設定可能

切り出す際に、IN点の前余長とOUT 点の後余長を指定可能。
切り出し後のファイルをリニア環境でのプリロール、ポストロール動作も可能となります。

切り出し前後余長

切り出し前・後のMXFファイルの簡易プレビュー

切り出し前・後のMXFファイルをプレビューできます。
IN点、OUT点の修正や前後余長の修正も可能

5 ブロックプレビュー A

切り出しもボタンを押すだけ。

切り出しをしたいブロックにチェックマークをつけて実行するだけで、同時に複数の新しいMXFを生成します。
切り出し先(保存先)は、2箇所選べます。(例:内蔵HDDと外付ドライブ)

4 切り出し中 A

手入力での切り出し点設定可能

IN点、OUT点、期間、それぞれで入力可能。
IN点入力後、期間を入力すると、自動計算でOUT点を変更します。

手入力

メタ表示

番組交換基準に適したメタ情報を表示。CM搬入基準にも対応できます。

メタ表示

切出しTime code設定

オリジナルTime Codeは、MXFファイルのタイムコードはそのまま切り出し、IN点、OUT点の修正や前後余長の修正も可能。
タイムコードを入力した場合は、入力したタイムコードを各ブロックのIN点として生成し切り出します。

タイムコード選択

■推奨動作環境
OS
Windows 7 以上 (64ビット)
プロセッサ 2GHz以上のプロセッサ
メモリー
4GB以上
ディスプレイ
1024×576以上
ディスク空き領域
インストール 1GB以上 一時ファイル 切り出すファイルサイズ+1GB
■ソフトウエア環境
動作条件 ご使用されるワークステーションにビデオ入力ボードは搭載しないでください。
搭載すると、アプリケーションが動作しません。
ランタイム
Microsoft .NET Framework 4 Client Profile
■ファイル形式推奨動作環境
対応フォーマット
XDCAM MPEG HD422
コンテナ MXF
動画
1920x1080 4:2:2 MPEG2HD 59.94i或いは
1280x720 4:2:2 MPEG2HD 59.94p
音声
LPCM 8ch
データ
ARIB TR-B31字幕データ・補助データ
タイムコード
ドロップフレーム式